政策金利の推移

レバレッジとは

用語解説

Pocket

レバレッジ、初めて聞く言葉かも知れませんが、日本語で分かりやすく言いますと、「てこの原理」です。 支点、力点、作用点ですね。重いものを持ち上げられない時に、てこの原理を使えば軽々持ち上がったりします。身近なもので言いますと、「スコップ」、「爪きり」、「せんぬき」なんかもてこの原理で作られていますね。 このてこの原理を、FXでどのようにして使うのかといいますと、 例えば、1ドル=100円として、1万ドルを買いたいといった時に、通常の外貨預金であれば、100万円必要になります。 ただ、レバレッジがきくFXであれば、4万円で1万ドルが購入できます。 なんで?と思われるかもしれませんが、FXは「Foreign Exchange」の略語で、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。 前半の外国為替とは、簡単に言うと外国のお金を取引することです。 後半の「証拠金」というのは、FX業者で外貨を取引するときの「担保」として預けるお金のことです。この証拠金という担保を預けることにより、預けた額以上のお金を取引業者からお金を借りて取引をすることが出来るようになっています。 現在日本のFXを取り扱う証券会社では、レバレッジが最大25倍と定められていますので、10万円の元手があれば、250万円まで取引することが可能です。 最後に注意点ですが、レバレッジは魅力的ですが、諸刃の剣ということを忘れないでください。たとえば高金利通貨のオーストラリアドルで説明しますと、1豪ドル=100円と仮定して、10万豪ドルを40万円で購入したとします。(レバレッジ25倍) すると、オーストラリアの利率は3%ですので、1年間持っているだけで、30万円の利息収入が手に入れることができます。 元手40万で年間の利息が30万なので年間の利率はなんと75%!!! なんて夢のような利息が手に入れることができます。ただし、それは、レートが下がらなかった場合のみです。 レバレッジを25倍にすると、もらえる収益も25倍ですが、損失も25倍になることを忘れてはいけません。 先ほどの例で行きますと、1豪ドル=100円のレートが101円になると、10万円の収益!ですが、1豪ドル=100円のレートが99円になると10万円の損失となります。つまり1豪ドルが96円になった時点(実際にはもう少し前で止められますが)で所持金は0になり、それ以降の取引ができなくなります。もちろん利息も受け取れません。 ちなみに、2008年におきたリーマンショックでは3ヶ月で1豪ドル100円から1豪ドル60円まで下がっています。 スワップ狙いでいく場合は、欲が出てレバレッジを上げてしまいがちですが、そこはぐっとこらえて、レバレッジ2~3倍程度に抑えるように心がけることが必要です。 ちなみに、私もFXをしていますが、レバレッジは1倍~2倍程度で取引をしています。というのも、日本の株式を取得し、それを証拠金(担保)に取引をしているので、現金を証拠金にする場合と比べて、レバレッジはさらに気を使って低めにしています。 使っている証券会社は、マネーパートナーズさんですが、株を証拠金にできて取引ができます。FXを取引するシステムもとても使いやすいので、おススメです。
Pocket

« »